読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトヒトウサギ

オット、ツマ、ウサギが出てきます。

はのはなし 脱線しているかのようだけどつづき

 春まで待って、再度迷彩先生に診てもらおうと決めてからひと月ほど経ったある日、仕事から帰宅するとうたろうがケージから出てリビングで遊んでいました。

 

 我が家は夫婦ふたりとうさぎいっぴきで暮らしていて、わたしもオットも仕事をしています。オットの勤務形態によって変わることもありますが、7時半くらいから18時くらいまで、家にはうたろうだけです。朝はトイレの掃除やお水の入れ替え・牧草の補充などを済ませてケージ越しに「行ってきます」と言って出かけ、帰ると大興奮のサイドステップ(@栗色うさこさん)で歓迎してくれるうたろうに夜の分のペレットをあげるのは、わたしのお役目。

 

 朝、ケージの戸のしまりが甘かったのだろうと思うのです。いつもなら大喜びで迎えてくれるうたろうは、都合が悪いことがあるときの定番のしぐさ「目を合わせない」作戦を実行している模様・・・。

 

f:id:utarooo:20160419203856j:plain

怒られるのやだもーん。

 

 悪いのはうたろうではなくてわたしなので、怒ったりはしませんが、大急ぎで状況を確認していくことに。

 

 まずは何を置いても、うたろう。抱き上げて全身をチェック。

元気◎ 

外傷の有無◎

お腹のハリ◎ 

食欲◎ 

排便◎ 

よし。

 

 次に、布製品の被害。

ソファー◎ 

クッション◎ 

ラグ◎ 

はっ・・・。寝室に向かう戸がちょうどうさぎさんが通れるくらい開いています。嫌な予感・・・。

掛け布団×

(オットのは無事。わたしのだけがおちっことうんぴにまみれていました泣)

 掛け布団の処理を終え、再度リビングへ。倒れていたいくつかの物を拾って元に戻していっているとき、やっと気がつきました。観葉植物(ウンベラータ)の歯が3枚、一口ずつ齧られています。それだけではなく、エアプランツ(チランジア)は丸坊主、水耕栽培のヒヤシンスは花・歯ともに、グラスより上に出ている部分がなくなっています。

 

コレハマズイ。

 

この時点で時間は18時半すぎ。病院の受付締切は19時半。まずは電話をかけて指示を仰ごうと何度も病院に電話をするのですが、つながりません。とにかく診てもらおうとうたろうをキャリーに入れて急いで病院へ行くことにしました。病院はベンチに座れない方がいるくらい混んでいて、診察を受けれたのは20時頃・・・。もちろん看護士さんを通して経緯と現状を聞いてもらって、緊急性はないという判断のもとであったのですが、待ち時間がたくさんあったものだから、スマホでずっとうさぎの御飲事故について調べていて、不安が募っていく時間でした。順番が回ってきた頃には20時の診察時間を過ぎていて、先生方もお疲れでしょうに「お待たせしてすみません」と頭を下げてくださって、こちらこそ飼い主のミスですみませんと思いました。

 

 診察の結果、「大変元気そうで大きな問題はないように思われるが、良くない成分が体内に吸収されにくいようにする薬を飲みましょう」とのことで、1週間分の飲み薬を処方して貰いました。薬を飲みきったあとに再診ということでその日は帰宅。うたろうがその後も元気に過ごしてくれているから良かったようなものの、大反省の一日となりました。

 

f:id:utarooo:20160419203947j:plain

せっかく自由を満喫して楽しかったのに、病院に連れて行かれたんですよ。やだやだ。

 

 この脱走事件をうけて、ケージの鍵のかけ方や出掛ける前の確認方法の見直しをしたのはもちろんのことですが、どこの病院にかかるかということを再度考えました。緊急時こそ、日頃の様子や既往症を分かっている先生に診てもらいたいし、何より病院までの所要時間というのは重要なことだと思ったのです。小さなカラダの体力が目減りする前に、少しでもはやく治療を開始できるように。

 

 あとちょっとだけ、つーづーくー。

 

 

 

ランキングに参加しています。クリックして頂けたらうれしいです。

[http://
にほんブログ村:title]